IT業界の転職で未経験がブラック企業に入らない方法

未経験でIT業界に転職したいけど、全くコネはないし、どうやって転職活動をすればいいか教えてほしい。

システムエンジニアがこの悩みにお答えします。

この記事を書いている僕は、独学でプログラミングを勉強してIT業界に転職しました。今ではWEB系のシステムエンジニアとマーケターとしてプログラミングやコンサルタントの仕事を任されています。

僕が未経験でIT業界に転職したとき、なにもわからず見事にブラック企業に入ってしまいました。その時の反省点と、こうすれば良かったという経験をお伝えできればと思います。

今回は、「未経験がIT業界に転職して失敗しない方法」をわかりやすく説明します。

まず、未経験でIT業界に転職する場合、必ず準備して欲しいことがあります。

  • 基礎的なITの知識を身につける
  • 転職サイトやハローワークだけで転職活動をしないこと
  • 転職エージェントに相談すること

正直にお伝えしますが、IT業界は未だにブラック企業が多いです。

僕も4回の転職で、2回ほどブラック企業に当たりました。

特に未経験の若手を狙って採用するブラック企業はまだまだたくさんあります。

未経験でブラック企業に入ると、退職してIT業界には2度と行かないと思うようになります(僕は結局IT業界に戻りましたが)。

少しでも良い環境で仕事ができるように、僕の体験談も合わせて参考にして下さい。

未経験でもITの知識があればアピール可能

実はIT業界は全くの未経験でも採用されるのですが、未経験の若手ほどブラック企業に採用されるリスクが高くなります。

未経験がブラック企業に採用されるリスクを防ぐためにも、転職で少しでも有利になる条件を作っておくのです。

それがITの知識になります。

全くの未経験の場合なら、以下の条件が揃っていると良い条件の企業に応募しやすくなります。

  1. IT系の資格を取得
  2. プログラミングスキルをアピールする

まずIT系の資格を持っていると、採用者に対して「やる気」のアピールになります。

特に「基本情報処理技術者」は、未経験がIT系の知識を持っていることが証明できるおすすめの資格です

ただ個人的にもっとおすすめの方法は、プログラミングスキルのアピールになります。

僕も3回目の転職で行ったのですが、自分で作ったプログラムのURLを履歴書などに書くのがおすすめです。Githubに上げておいてもいいですね。

実際に書類選考で通りやすくなりますし、面接でも話題になるのでチャレンジしてみて下さい。

IT業界の転職で転職サイトやハローワークが危険な理由

覚えておいて欲しいのですが、IT業界にはSESというエンジニアを派遣して儲ける企業が数多く存在しています。

この派遣自体は悪いことではありません。

ですがSESで派遣されると、かなり高い確率で炎上案件に当たります。

僕も最初に未経験で入った会社からSESで金融系の現場に配属されたのですが、終電帰りや土日出勤も普通にある炎上案件でした。

僕個人としては、IT業界がブラックと言われる理由に、こうしたSESの仕事をしているエンジニアが過酷な労働に嫌気をさして転職することもあると思います。

もちろんSESが全て悪いわけではありませんが、ハローワークや転職サイトで探すとこうしたブラック企業に転職するリスクが高くなります。

残業時間は月に10時間と言われていたのに、現場に行くと残業100時間は当たり前も多いです。こうした派遣契約のIT企業に転職して、鬱になったエンジニアもたくさん見てきました。

僕も2回こうしたSESの会社に入って嫌気がさし、3回目の転職はかなり慎重になりました。

IT業界の転職は転職エージェントに相談すること

転職の成功率は、応募した企業に対してどれだけ交渉できるかで変わると思います。

僕が転職活動に失敗したのは、条件面や仕事内容について把握できなかったことや、給料面の交渉で妥協していたからです。

転職はどうしても採用側が強いですし、特に未経験だと強気な交渉もできませんよね。

ですが転職で妥協をすると、「やっぱりあの時、交渉しておけばよかった」と後悔します。

僕自身、3回目の転職では絶対に妥協したくなかったので、転職のプロである転職エージェントに相談することにしました。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが希望する条件の企業をピックアップしてくれます。

転職エージェントは、気になる企業について社風や仕事内容など、求人票にはない詳しいことも教えてもらえます。

転職活動では、こういった書かれていない情報がとても役立ちます。

実際に転職してから、「思っていたのと違かった」というミスマッチを防ぐことができるからです。

ただ未経験だと、どうしてもアピール材料が少なくなります。

そこで最初にお伝えした、資格や実際に作ったプログラムを見せるといったアピール材料があると、転職エージェントも企業へ推薦しやすくなります。

僕はこの方法で、ブラック企業からホワイト企業へと転職成功できました。

もし未経験でこれからIT業界に転職したいと検討しているのでしたら、僕がやった方法も参考にして下さい。

環境が良い企業で働くのと、ブラック企業で働くのでは雲泥の差です。

 

関連記事