会社を解雇された!クビになった時の対応方法

会社をクビになったけど、これからどうすればいいか教えてほしい。解雇されたけどこれって違法じゃないのか知りたい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

今は終身雇用の時代が崩壊し、会社を解雇(クビ)される方も増えてきました。20代~50代まで、年齢を問わず会社をクビになったので転職活動を始めたという相談が多いです。

会社を解雇されると焦ってしまいますが、ここは落ち着いて対応をして下さい。

会社をクビになったらすべきこと、失敗しない転職活動について説明します。

会社をクビになる理由

会社をクビになる理由としては、社員か会社どちらかに問題あるときの2パターンがあります。

社員に問題がありクビになるケース

社員側に原因がありクビになるケースとしては、営業成績の不振や事件や事故を起こすなどの理由があります。

いわゆる暴力事件や痴漢などの事件は懲戒解雇になります。

ちなみに、妊娠・出産が理由でクビになることはありません。法律で禁止されています。

よほど悪質なことがなければ社員が問題でクビになることは少ないですが、ブラック企業に関しては営業不振でクビにすることが多いです。

離職率を見ればブラックか予想できます

会社の問題でクビになるケース

会社側の都合でクビになる理由のほとんどは、会社の経営不振によるリストラです。

リストラの通告は、解雇や退職勧奨などがあります。

終身雇用の時代が終わり、40代や50代の中堅がリストラされることも増えました。

また若いベンチャー企業で経営不振になり、倒産するなどのケースもあります。

会社側の問題でクビになった時は失業保険などがすぐに出るので転職を焦る必要はありません。

会社をクビになる!どちらのパターンか確認しましょう

会社をクビになった場合、「解雇」か「退職勧奨」のどちらに当てはまるか確認しておきましょう。

解雇

解雇とは、会社を一方的に辞めさせられることを言います。

解雇は大きく2種類(法律的には4種類)に分けられます。

  • 普通解雇
  • 懲戒解雇

普通解雇は、業績不振など会社の都合で行われる解雇のことです。

整理解雇という解雇もあり、これはリストラのことを意味します。

懲戒解雇は、規律違反など企業の秩序を乱した場合の解雇のことで、一番重い解雇と言われています。

法律的に諭旨(ゆし)解雇というものもあり、懲戒解雇より少し軽い解雇のことで、懲戒解雇と退職を選択させる方法です。

簡単に言うと、社員が退職を選ぶように迫る方法ですね。

退職勧奨

最近多いのが退職勧奨と呼ばれる解雇で、これは会社から退職を勧められる解雇になります。

いわゆる窓際族のように仕事を与えないやり方や、上司から直接辞めるように通告を受けるやり方です。

ブラック企業などは、暴力に訴えるなど悪質なものもあるそうです。

退職推奨をする企業は将来性が怪しいので、早めに見切りをつけるのも大事になります。

どちらのパターンで解雇されるにしても、通達を受けたらすぐに次の行動に移すことが重要です。

会社をクビになったらすべき3つのこと

会社をクビになった場合、やっておくべきことが3つあります。

失業保険の手続き

会社をクビになったら、必ず失業保険の手続きを行いましょう。

ここで大事なことは、会社都合で申請することです。

自己都合になると、失業保険の給付が遅くなるなどのデメリットが多いからです。

未払い金の請求

残業代などの未払い金がある場合には、会社に請求することを忘れないようにしましょう。

クビになると金銭面で苦労するので、少しでも経済面で余裕ができるようにしておくのがポイントです。

ちなみに残業代のような未払金は、時効により2年で消滅すると規定しています。

参考:労働問題弁護士ナビ

転職活動

解雇の通達を受けたら、転職活動を開始しましょう。

すぐに転職するつもりがなくても、転職活動をしておけばいざという時に焦らずに済むからです。

注意として転職活動をするのであれば、一人で転職活動をするのではなく転職エージェントに相談してください。

転職エージェント無料で転職アドバイスをしてくれるだけではなく、ブラック企業対策もしているので危険な企業に入る心配もありません。

また担当アドバイザーが、あなたの希望にマッチした求人を紹介してくれます。

ギリギリまで行動しないで、もっと早く転職活動をしておけば良かったと後悔する人も多いです。

転職する気がなくても、無料登録をしておけばいざという時に役立ちます。

転職に失敗して後悔しないためにすべきこと

転職に失敗している人の7割以上は一人で転職活動をしています。

ハッキリ言ってしまうと、今の転職市場は転職エージェントを使わないと失敗します。

転職は求人探しから書類・面接対策と、やるべきことが多く一人で行うと途中で妥協してしまうからです。

転職に失敗する方の多くはギリギリまで一人で頑張って、「転職活動に疲れた」と精神的にも肉体的にも疲弊して後悔しています。

特に転職経験が少ない20代から30代は、転職エージェントを使うことで、一人では難しい求人探しから年収などの交渉まで無料で丁寧にサポートしてもらえます。

  • 経験が少なくても好条件の仕事を紹介してもらえた
  • 雰囲気の良いホワイト企業を見つけてもらえた
  • やりがいのある仕事に出会えた
  • 土日祝日休みの理想の会社に転職できた

転職エージェントは、あなたが希望する会社を全力で探してくれます。

仕事の時間は人生の大半を占めており、我慢して続けると将来的なリスクが高くなります。

「あの時、転職しておけば良かった…」と後悔しないためにも、早めに行動をしておきましょう。

転職エージェントの中でも「JAIC(ジェイック)」は、社会人経験や業界経験が少ない方でも徹底的にサポートしてもらえると口コミ評価が高いおすすめの転職エージェントです。

登録後に数日間の研修があり、そこで履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策を丁寧に指導してもらえます。

JAIC(ジェイック)

POINT

・登録~転職まで完全無料
・書類選考なし(人柄や意欲を評価)
・ブラック企業対策をしている
・未経験や経験が少ない人でも積極採用
・大学中退や高卒でもフォローは万全
・転職後の満足度や定着率が高い

無料で登録でき好条件の求人を取り扱っている『JAIC(ジェイック)』はキャリア不足の転職なら絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

JAIC(ジェイック)は、専任のキャリアコーディネーターが全て無料で丁寧に転職支援してくれます。

JAIC(ジェイック)はあなたが希望する条件の求人を紹介してくれるので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を探してみましょう。

求人は全て非公開で、ハローワークなどには無い良い条件の求人があることに驚くと思います。

JAIC(ジェイック)に登録する(完全無料) >>

JAIC(ジェイック)の口コミ

https://tenshoku-consultant.com/wp-content/uploads/2019/10/mens-review-e1588467643983.jpg

サポートがとても丁寧で安心感がありました

キャリアが少なく不安でしたが、面接など転職全般のフォローをしっかりとして頂けました。

私の希望を一番に尊重してくださるコーディネーターさんで、大変心強かったです。

https://tenshoku-consultant.com/wp-content/uploads/2020/05/woman-review-e1588467778236.jpg

希望していた業界に転職できました

ジェイックを利用して本当に良かったです。

社会人経験が少なく何もわかりませんでしたが、私が行きたい業界に進むことができました。

もし社会人経験が少ない就職活動に行き詰っているなら必ず使った方がいいと断言できます!

https://tenshoku-consultant.com/wp-content/uploads/2019/10/mens-review-e1588467643983.jpg

転職が初めての人におすすめ

自己PRから面接の練習まで、転職に成功するノウハウを全て教えて頂きました。

アピールポイントがないのが心配でしたが、良いところを引き出してくれたので本当に頼りになりました。

https://tenshoku-consultant.com/wp-content/uploads/2020/05/woman-review-e1588467778236.jpg

若手のサポートNo.1

いくつか転職エージェントに登録したのですが、経験不足で門前払いされること多かったです。

JAICは、他のエージェントと比べて、経験が少なくてもしっかりと親身にサポートしてくれる良いエージェントでした。

企業チェックもしっかりしているので、転職した会社も安心して働ける環境でとても満足しています!

JAIC(ジェイック)は、あなたの希望と仕事内容をしっかりと考慮して提案してもらえるので、入社後のミスマッチがなくなります。

JAIC(ジェイック)
▲完全無料で転職支援!▲