40代転職の厳しい現実と失敗しない転職活動【成功のステップ】

40代転職の現実は本当に厳しい?どうすれば転職できるか教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

40代の転職が厳しいのは本当のことです。ですが40代だから転職できないわけではありません。

転職に成功している40代の方は、しっかりと準備を行っています(これでもか!というくらい準備をしています)。

厳しい現実を理解して転職活動を行えば、40代でも転職を成功させることはできます。

「40代でやってはいけない転職活動」と「40代がすべき転職活動」についてキャリアコンサルタントが説明します。

転職に失敗する40代の現実【やってはいけない転職活動】

40代の転職は厳しいですが、転職で失敗している40代の多くは転職活動に問題があることがほとんどです。

一般的に40代の転職方法としては、以下のものがあります。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 転職エージェント

上記の転職サービスを利用すると、思っていた以上に転職できない現実に苦しむことになります。

転職サイトでの転職はほぼ無理

転職サイトは求人が豊富なのが特徴ですが、40代の転職に関しては全くおすすめできません。

転職サイトをおすすめできない理由は、40代向けの求人がほとんどないからです。

もちろん多少は40代向けの求人もあるのですが、現実的におすすめできない職種ばかりです。

  • 不動産・保険営業
  • 運送ドライバー
  • タクシー運転手
  • 工場製造スタッフ
  • 飲食スタッフ
  • コンビニオーナー
  • 派遣会社のITエンジニア

未経験の40代でもできる厳しい仕事ばかりで、むしろアルバイトの方が良い求人も多いです。

転職サイトはスカウト機能もありますが、40代だと条件の良い求人を紹介されることはほぼゼロです。

転職サイトから応募する40代の8割は書類選考で落とされる現実に直面します。

40代の転職で最もやってはいけないことが、転職サイトで転職活動をすることになります。

ハローワークは限定的に使える

キャリアコンサルタントとしては、ハローワークでの転職活動をおすすめしておりません。

ハローワークをおすすめしない理由は求人の質が低く、ブラック企業に入るリスクが高いからです。

ですが40代の転職に関しては、限定的な使い方であればハローワークもありです。

  • 地方の中小企業に転職
  • 職業訓練校を利用する

地方の中小企業に関しては、ハローワークは転職サイトよりも求人数が多いです。

もちろん中にはブラック企業もありますが、地元密着型の優良企業もあります。

ただし、どの企業が優良企業かはハローワークでは教えてくれません。ブラック企業対策として、転職エージェントを同時に利用して、キャリアコンサルタントに企業の相談をすることをおすすめします。

もし退職して仕事をしていないなら、職業訓練校に通いながら転職活動ができます。

職業訓練校に通っている間は失業保険が適用されるので、焦って転職をする必要はありません。

卒業後は電気工事士やマンション管理士など、40代からできる未経験の仕事に就くこともできます。

限定的な使い方になりますが、求人が少なく厳しい40代の転職ではハローワークも利用することをおすすめします。

転職エージェントは厳選すること

現実問題として、転職エージェントのサポートなしで転職活動をすることはリスクが高すぎます。

40代は特に採用側が有利になるため(無理に採用する必要がないので)、年収の交渉などを自分で行って失敗してしまいます。

「転職しなければよかった…」と後悔しないためにも、40代の転職では必ず転職エージェントに登録しておきましょう。

ただし、40代を支援する転職エージェントは限られています。

転職エージェントを利用したことがある方は知っているでしょうが、40代をサポートするエージェントはごくわずかです。

厳しい転職市場で、40代でも間違いなくサポートしてもらえるのは、業界最大手で転職の実績が豊富な「リクルートエージェント」です。

転職エージェントに登録しても門前払いされやすい40代ですが、リクルートエージェントはしっかりとサポートしてくれます。

ベストな転職活動は、転職エージェントとハローワークを併用する方法です。

もしハローワークに良い求人があれば、転職エージェントにその企業のことを聞いてみて下さい。

そうすることでブラック企業に入るリスクを減らすことができます。

リクルートエージェント

40代の転職が厳しい理由

40代の転職では、なぜ40代転職の現実が厳しいのかを知っておくことも重要です。

厳しい理由を知ることで、転職の対策もできるからです。

  • 年齢的に採用しにくい
  • 募集職種が限定される
  • 未経験の求人が少ない
  • 給料アップが難しい
  • 将来性がない

転職経験が少ない40代の方は、これを理解せずに応募して現実を突きつけられることが多いです。

年齢的に採用しにくい

まず40代の転職が厳しい理由は、年下の人が上司になる可能性があるからです。

面接者がそのまま上司になることも多いのですが、採用側の心理として「年上の部下は扱いづらい」という思いがあります。

これは仕方のないことですが、現実問題、どちらにとっても辛い状況になります。

面接で年下の上司について触れられることも多いので、その点は覚悟しておいてください。

募集職種が限定される

40代は営業や技術者として、最前線で働くことは求められいないことのが現実です。

40代の好条件求人のほとんどが「管理職」で、求められる職種がかなり限定されます。

しかも管理職を募集している業界は一部で、IT系など管理者が不足している企業になります。

プレーヤーとして最前線で働きたい40代には厳しい現実ですが応募できる職種はかなり少ないです。

未経験の求人が少ない

先ほどもお伝えしましたが、40代の未経験OK求人はブラックな案件がほとんどです。

もし未経験の職種に転職したいなら、かなり厳しい条件で働くことを覚悟しておきましょう。

好きなことをする目的でなければ、本当に厳しいのでおすすめしません。

未経験の転職なら、職業訓練校でスキルを身につけることをおすすめします。

給料アップが難しい

転職で給料アップを狙う人も多いですが、40代に関しては給料アップすることは難しいです。

ほとんどの場合、現状の給料と同じか、それ以下になります。

給料アップを狙うのであれば、ハイクラスの求人を狙うしかありません。

リクルートエージェントもハイクラス求人を扱っているので、給料アップを狙うならキャリアにマッチしたものを紹介してもらいましょう。

将来性がない

純粋に40代で入社すると、長くても20年程度しか働けません(今は再雇用がありますが、それでも若手ほど働けません)。

会社としては長く働ける人を希望するため、働ける期間が短い40代の採用は厳しいと考えられてしまいます。

どうしても条件が同じなら、若手を採用するのが企業の心情です。

若手にはないキャリアを上手くアピールすることが、40代の転職を成功させる課題になります。

40代の転職で失敗しない方法

現実的に厳しい40代の転職ですが、絶対に転職で失敗するわけではありません。

実際に転職に成功している40代も多く、きちんと転職の準備をしておけば希望する企業に転職することができます。

  • 今の会社を辞めない
  • キャリアプランを作る
  • 一人で抱え込まない

今の会社を辞めない

転職で一番大事なことは、仕事を続けながら転職活動をすることです。

退職すると収入源がなくなり、精神的にも焦りが生まれて妥協して転職してしまうからです。

40代の転職で失敗する人の9割が、退職してから転職活動をしています。

長期になることもある40代の転職では、仕事を続けながら転職活動をしないとかなり厳しい現実が待っています。

もし辞めてしまったのなら、すぐに転職エージェントに相談をして下さい。

キャリアプランを作る

転職に失敗する人のほとんどが、きちんとしたキャリアプランができていません。

キャリアを考えずに転職すると、必ず後悔してまた転職したくなります。

キャリアプランを考えることで、どんな企業に転職すべきか、本当に転職すべきかが見えてきます。

キャリアプランは一人では厳しいので、転職エージェントやハローワークに相談をしましょう。

特に未経験の業界に転職を検討している方は、なぜキャリアチェンジをするのかまで考えましょう。

一人で抱え込まない

転職活動を一人で行うのは、本当に厳しいですし辛いです。

あまりに辛くなって、転職しないで終わる人もたくさんいます。

ですが転職を決意して中途半場で止めると必ず後悔します。

一人で抱え込まず、相談できる相手と一緒に転職活動を行うと精神的にも余裕ができます。

転職のプロであるエージェントのキャリアアドバイザーは、転職の悩みを良く知っているのでとても役立ちます。

実際、40代で転職成功している方の70%は、転職エージェントに相談しています。

[ad40]

40代の転職活動【計画で成功率が変わります】

40代の転職で大事な2つの要素をお教えします。

  • 退職に必要な期間を逆算する
  • 利用する転職支援サービスを決める

転職には、「今の会社を退職する」と「新しい会社を見つける」の2つの工程があります。

どちらも中途半端に行うと、転職に失敗するのでしっかりと計画を立てて行動することが重要です。

退職に必要な期間を逆算する

転職は新しい職場を見つけて終わりではありません。

転職するためには退職手続きが必要となり、いつ退職を伝えるかも重要なことになります。

退職を伝えるタイミングは、引継ぎが完了するまでの期間と考えておきましょう。

せっかく転職先を見つけても、引継ぎが上手くいかないと退職トラブルになってしまいます。

円満退職のためにも、しっかりと引継ぎが終わる期間を計算して計画をたててください。

また、有給休暇を消化したい場合は、その分も考慮して退職の意思表示を早く行うことを忘れないでください。

利用する転職支援サービスを決める

一般的な目安として、40代が好条件の企業に転職するには3ヶ月~6ヶ月ほど必要になります。

転職活動はやることが多く、この期間で仕事をしながら一人で全ての作業を完了させるのは難しいです。

そのため40代の転職では、必ず転職支援サービスに登録してください。

40代転職は書類選考で落ちることが多いので、履歴書・職務経歴書対策を利用しましょう。

ただし転職支援サービスによっては、40代を積極的にサポートしてくれないものもあります。

次に40代でもしっかりと支援してくれるサービスを紹介するので参考にして下さい。

40代が転職で使うべきサービス

転職支援サービスはいくつかありますが、40代が転職で使うべきものは以下の2つになります。

  • ハローワーク
  • 転職エージェント

「転職サイト」は不要なの?と思う方も多いでしょうが、のちほど説明する転職エージェントに登録すれば「転職サイト」も使えるので心配いりません。

ハローワークは数多くの求人を持っていて、特に地方の転職ではかなり役立ちます。

転職サイトも求人は多いのですが、40代の求人に限ってはハローワークも併せて使った方が成功率が上がります。

ただし、ハローワークにはブラック企業も多いので、応募したい企業が安全かを判断するために転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは、転職まで全て無料で支援してくれる人材紹介会社になります。

転職エージェントに登録すると担当のキャリアアドバイザーがつきます。

キャリアアドバイザーに相談することで、その企業がブラック企業かなどの情報を知ることができます。

また、転職エージェントに相談すれば、より良い条件の非公開求人を紹介してもらえるメリットもあります。

特にリクルートエージェントは、40代でも丁寧にサポートしてくれるので必ず登録しておきましょう。

40代は他の転職エージェントに関しては、門前払いされることも多いので注意してください。

補足になりますが、転職サイトのスカウト機能に関しては、40代にアプローチする企業はかなり少ないです。

むしろ積極的に支援してくれる転職エージェントを使った方が効率的に転職活動ができます。

転職エージェントが40代転職で重要な理由

転職を失敗している人に多いのが、「思っていたのと違かった」というミスマッチです。

転職のミスマッチは一人で転職活動をしている人に多いです。

転職エージェントを使うメリットは、こうしたミスマッチを防ぐキャリアカウンセリングをしてもらえることもあります。

  • キャリア
  • 実績
  • スキル
  • 仕事への志向性
  • 希望年収

キャリアカウンセリングをすることで、こうした転職で大事な要素を把握することで転職のミスマッチが少なくなります。

転職のバックアップも万全で、個人では得られない選考ポイントも含めた企業情報だったり、応募書類の添削、面接アドバイスも貰えます。

ハローワークでも転職相談はできますが、転職支援の質に関しては転職エージェントの方がはるかに高いです。

40代の転職エージェントと転職サイトおすすめ

求人の探し方で成功率が変わる

40代の転職は、求人の探し方で成功率が大きく変わります。

若手に比べて求人数が少ない40代は、闇雲に探すだけでは転職に成功できません。

効率的に良い条件の求人を探すステップを紹介します。

  1. ハローワーク/転職サイトで求人を探す
  2. 気になる求人があれば転職エージェントに相談する

この2ステップは、ブラック企業を回避するのにも有効です。

40代の求人数が圧倒的に多い「ハローワーク」と「転職サイト」で、気になる求人をピックアップします。

その企業について、転職エージェントに情報をもらって本当に安全か確認します。

もし良い条件であればそのまま応募してもいいですし、転職エージェントが直接その企業に交渉してくれることもあります。

ハローワークや転職サイトからの応募より、転職エージェント仲介の方がはるかに通過率が上がります。

40代だとすぐに良い条件の求人が見つからないことも多いのですが、探している間に転職エージェントから好条件の非公開求人を紹介してもらえることもあります。

闇雲に一人で求人を探して応募すると失敗のリスクが高いので、必ずこの方法で探してください。

履歴書・職務経歴書の書き方【40代転職で必要なこと】

40代の転職では、書類選考で落ちている人が8割以上と言われています。

どんなにキャリアがあっても、書類審査で落ちてしまうと挽回できません。

ライバルに差をつけて、書類選考に通過する履歴書・職務経歴書の書き方を紹介します。

履歴書は簡潔に書くこと

履歴書は、あくまで応募者の学歴や住まいを確認するものになります。

履歴書で大事なことは簡潔に書くことで、むやみに情報を多くしないことです。

ポイントは、応募者の経歴を短時間で把握できる書き方をすることです。

  • 住所
  • 通勤時間
  • 扶養家族の有無
  • 学歴

こういった情報は、企業からすると長く勤務してもらうための大事なことになるので、瞬時に判断できるように簡潔に書きましょう。

履歴書はフォーマットの規定項目がきちんと書かれているかどうかが大事なポイントになります。

パソコンで履歴書を自分で作成する方も増えていますが、規定項目を網羅しないことで、意図的に情報を隠したのではないかと疑われることもあります。

情報が不足すると評価が下がるので、履歴書は転職サイトなどからフォーマットをダウンロードすることをおすすめします。

履歴書は志望動機が特に重要

履歴書の中で最も重視されるのは「志望動機」です。

  • 入社したいという意欲
  • キャリアがどう活かせるか
  • 企業へ貢献できるのか
  • 入社後のキャリアビジョン

40代はキャリアが重視されるので、採用したときに企業にどんなメリットがあるかを理解できる志望動機を書きましょう。

ただし無駄に長い文章を書くのではなく、要点を押さえることも重要です。

キャリアは職務経歴書で書くので履歴書では簡潔にまとめましょう。

ちなみに40代の転職では、学歴は重視されないので学歴を強調するのはやめましょう。

履歴書の書き方【志望動機】書類通過を上げる方法

職務経歴書で重視すべきこと

職務経歴書の役割は、応募者が「これまでどんな仕事をしてきたのか」「いま何ができるのか」「これからどんな仕事をしていきたいのか」を伝えることです。

ただし職務経歴書も情報が多すぎると読まれないので、A4版で2~3枚以内にまとめるのがセオリーです。

限られた枚数の中で、募集職種に関わる職務経歴と専門スキルをアピールし、面接したいと思わせることができるかで通過が決まります。

職務経歴書は文章力やレイアウトも含めた、プレゼンテーションスキルのレベルが大きく左右します。

職務経歴書は自由形式のフォーマットが多いですが、書き方は以下のどちらかを選ぶのが一般的です。

  • 編年体式
  • キャリア式

書き方次第で通過率が変わるので、職務経歴書は転職エージェントに添削してもらうことをおすすめします。

マネジメント経験があるなら職務経歴書に必ず書いてアピールしましょう。

40代の場合、単に個人の専門スキルや実績が高いだけでは、面接に進むことはできません(プレーヤーは若手が好まれます)。

マネジャーとして、組織運営も担えるマネジメント経験があると書類の通過率が格段に上がります。

所属部署で持った部下の数や、そこで実績をあげるためにどんなマネジメントを行っていたのかも、職務経歴書にしっかり記載してください。

職務経歴書の書き方【ライバルと差をつけるポイント】

応募書類の送り方

履歴書・職務経歴書は、応募者のビジネスマナーのレベルをはかる第一関門でもあります。

封筒の大きさや色、宛名の書き方で、応募者個人のビジネススキルのレベルだけでなく、真剣に応募しているのかどうか判断することができます。

こうした些細なポイントで失敗しないよう、封筒も丁寧に準備しましょう。

特に難しいことはありませんが、新しい封筒を準備して綺麗に履歴書・職務経歴書を入れて送れば大丈夫です。

40代だからこそ、謙虚な姿勢をアピールするためにも、封筒の選び方や書き方に十分注意してください。

また、添え状は必ずつけましょう。

ビジネス文書を送るときにカバーレターをつけるように、応募書類にも添え状を送るのは、ビジネスマンとしてのマナーの一環です。

添え状、履歴書、職務経歴書の順番に並べて、透明のクリアファイルに入れてから、宛名面に添え状がくるように封入するのが、入れ方のマナーです。

そして添え状は、履歴書や職務経歴書と高さがあるサイズで作成するものです。

スペースがあるので、募集を知った経緯や簡単な自己PRも書き添えましょう。

40代の面接は入念な準備が必要

40代転職の面接は本当に難しく、入念に準備しないと間違いなく失敗します。

特に高いキャリアを持つ40代は、自分のスキルに自信を持つがゆえに、応募書類を斜め読みするだけで面接に臨み、質疑応答で失敗するケースが多いです。

40代転職の面接で重視すべきことは以下になります。

  • 志望動機で話すべきこと
  • 面接マナーのNG例
  • 面接日時の設定にも配慮する
  • 交渉は要注意

知らないと失敗するマナーも多いので、しっかりと対策をして面接に臨んでください。

志望動機で話すべきこと

面接官は面接の序盤で、応募者に対し、「志望動機」を必ず質問します。

履歴書と職務経歴書を手元に置いているのに、あえて「志望動機」を語らせるのは、そこに企業研究の深度や自己分析の成果、入社への意欲が現れることを、面接官は経験的に知っているからです。

志望動機は、履歴書に書かれた内容をおうむ返しにくり返すのではなく、それを補完するエピソードや入社後を想定した自分のキャリアビジョンなど、面接官の興味を引く内容が盛り込まれていることが大切です。

ここで説得力のある「志望動機」を語れると、その後の質疑応答での相手の熱の入り方が違っていきます。

40代が「志望動機」で話すべきことは、自分のキャリアが募集職種にいかに活用できるかというアピールと、企業が抱えている課題に対し、どんな取り組みをしたいと考えているのかを、ビジョンとして伝えることです。

人件費の高い40代を採用するメリットを、実務面と組織運営面の二つを合わせてアピールすると、面接官により具体的な質問をしてもらえるようになるはずです。

面接マナーのNG例

40代の応募者の場合、社会人経験が豊富なので、面接マナーができていると思い込んでいるひとが少なくないのですが、必ずしもそうとは言い切れません。

特に面接官が自分より年下だったり、女性だった場合、応募者本人は無自覚なのですが、態度が横柄になったり、面接官を対等に扱う印象を与える40代がいます。

転職の面接は、自分が選ばれる立場であることを自覚すべきです。

何より、入社後に職場に適応できないと判断されれば、どんなに優秀な経歴があっても採用されることはないので注意してください。

自分が謙虚な姿勢で面接に望めているのかどうか、模擬面接などで一度チェックしておくと面接の失敗を防げます。

過度に謙虚になる必要はありませんが、相手を不快にさせないことは面接突破の秘訣になります。

面接で落ちる人必見【通過率を上げる方法】

面接日時の設定にも配慮する

在職中の40代が面接連絡を受けた場合、勤務時間外にしてくれるように依頼することも多いでしょう。

面接日時の調整で、自分の仕事の都合だけを考える40代は、不採用の確率が高いと考えてください。

勤務後などに面接をするということは、面接官は残業または休日出勤して対応しているということです。

面接は基本的に企業の都合に合わせることが大事です。なるべく有給などを使って面接に挑むようにしましょう。

もちろん企業側があなたの都合に合わせますといえば、時間を確認して

交渉は要注意

転職で年収を決める場は面接が多く、年収アップをしたい気持ちが強く失敗する40代も少なくありません。

年収アップの交渉をあまりやり過ぎると、面接官の印象が悪くなり落とされる可能性が高くなります。

もちろん年収は転職で大事な要素なので、そこで妥協すると後で後悔することは間違いありません。

ですが実績のない人に、高い年収を提示する企業はほとんどありません(ヘッドハンティングは除きます)。

年収アップを考えているなら必ず転職エージェントに相談してください。

転職エージェントは年収交渉に長けているので、応募者が直接交渉するよりも良い条件を提示してもらえることが多いです。

また、転職の時期も交渉してもらえるので、きちんと現職の引継ぎを終わらせて円満退社できる段取りをしてもらえます。

円満退社のための準備

面接を突破し、企業から内定を貰うことが出来たら、転職活動の最後となる退社準備にとりかかります。

退職でトラブルになるケースも多く、失敗して転職できなかったということもあります。

円満退職できるように、しっかりと準備を行ってください。

円満退職に必要な手順

40代の社員が退職することは、会社に少なからず影響を及ぼすものです。

特に管理職の40代が退職する際には、後任の問題や取引先との関係など、引き継がなければならないことが多いです。

  1. 希望する退職日を設定
  2. 退職の3ヶ月前には直属の上司に退職の意向を伝える

上司に退職日までのスケジュール相談をして、引き継ぎがスムーズにいくように3ヶ月位は見積もっておきましょう。

勤務先の就業規則も確認したうえで、段取りを踏んで退職準備をしましょう。

円満退職するためには、然るべきプロセスを経て、きちんと引き継ぎが終われるように手順を踏むことが大事です。

退職届はいつまでに提出すべきか

退職の切り出し方

円満退職できる退職理由の伝え方

[ad40]

関連記事